2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

いつもお世話になっているブログさま

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 中部日本 | トップページ | うーむ。 »

2009年3月14日 (土)

課長

WFS最新号やフォトブックその他最近立て続けに出ている本・雑誌はまだチェックしきれてません。フィギュアスケート本を書店で見かける機会が多いのは嬉しいけど、昔のように冊数は少なくても内容の濃い本希望です!

今日は久々にスケートネタではない内容で。(^^;)

友達に借りた本を何冊か読みました。この友達とは中学生ぐらいの頃からいつもお互いが読んでよかった!と思う本を貸し借りしてるんです。(といっても友達はかなりの読書家なので、私が借りる本の数のほうが圧倒的に多いのですが^^;)

↓これ、面白かったです。

マドンナ (講談社文庫)

ひとことで言うと、、40歳台の課長のことがよくわかる本sign01そしてちょっと意外だったのは、課長も夢想というか妄想?するのね!coldsweats01
部長と部下の板ばさみになったり、移動した先の部署であれこれあったり、どこにでも普通にありそうな話でとても入り込みやすい短編集でした。
課長の立場や心情がわかるだけじゃなくて、課長から私達女性がどう見られているかもよくわかる本ですね。

私の昔の上司(課長)たちもきっといろいろあったのでしょうかね。と考えてみる。happy01
今に至るまでたくさんの上司の下で働いてますが、この本に登場するような私がこれまでに出会った40台の「課長」は一人だけ。

それは単に、他の上司は次長が課長職を兼務していたり、課長がいなくていきなり所長の職場だったり、若くして課長に抜擢されたキレモノだったり・・・・etc なので、この本の課長とはちょっと違う人が多かった。

もう少しはやくこの本を読んでいたら、その一人だけこの本に当てはまりそうな年代の「課長」にいろいろ聞いてみたかったかな。 彼は昨年暮れに亡くなられました。
そうです、全日本前でした。
もう何年も前の思い出話ですが、故課長と私達課員の距離はとても近くて何でも話しやすいアットホームな雰囲気の職場でした。 当時は課長だったけれども、だいぶ前に同期の先陣をきって部長になられていたんでしたね。 支社長になったら私を秘書にする とかいう約束はどうなったんだ!? と言っても、既に転職して久しいのでどっちみち時効ですけどね。coldsweats01

あれ?本のことを書いていたらいつのまにか脱線(^^;)
どなたかが『思い出すことも故人のご供養になる』とおっしゃっていたので、よいですよね、課長!(じゃなくて部長でしたね。。)

あ、そうそう作者の方は男性なんですけど、女性の考えていることや心情をとてもよく理解されているようでそれも驚きでしたね。 なかなかおすすめの一冊でした。

« 中部日本 | トップページ | うーむ。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056356/28606598

この記事へのトラックバック一覧です: 課長:

« 中部日本 | トップページ | うーむ。 »