2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

いつもお世話になっているブログさま

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 世界新体操選手権 | トップページ | 世界新体操選手権(三重) 五十鈴川駅~会場 »

2009年9月10日 (木)

ベッソノワ

帰りの車内から。
◆個人種目別決勝
ベッソノワのリボン、最高でした!!何かが舞い降りたようなほど今夜のベッソノワは素晴らしかったです。感涙、スタオベ! 手具がどうとか技の難度がどうとか、それら全部を超越してましたよ。
しかし得点はのびず…
カナエワの得点が意外と高くなかったので、もしかしたら?と思ったんですが…。 は〜、リボンだけでも勝たせてあげたかったなあ。こんなにやるせない気持ちは久々です。スケートで散々慣れているというのに。
それにしても会場全体がベッソノワコールでしたね。スタオベも関係者の方々全員立ってるんじゃないか?というほどでした。ああ、残念。ベッソノワも表彰式でもずっと表情は暗かったです。
今回の世界選手権では、モチベーションを保つのが大変だったと思うのですよ、そんな中で完璧な演技をして観客を魅了する…並大抵ではないと思います。
素晴らしい演技を見せてくれてありがとう!と言いたいです。

種目別決勝リボンは、カナエワ28.000、ベッソノワ27.900、ミテワ26.850の順。カプラノワは得点が延びず26.400で六位でした。カプラノワ好きなので決勝に残ってくれていてよかったです。(決勝は同国は上位二名までなので。)

種目別決勝ボールは、カナエワ、ガラエワ、ベッソノワ、美しい白鳥を演じたダリア・ドミトリエワの順。

国別対抗は、ロシア、ベラルーシ、アゼルバイジャンの順。

« 世界新体操選手権 | トップページ | 世界新体操選手権(三重) 五十鈴川駅~会場 »

新体操」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056356/31319808

この記事へのトラックバック一覧です: ベッソノワ:

« 世界新体操選手権 | トップページ | 世界新体操選手権(三重) 五十鈴川駅~会場 »