2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

いつもお世話になっているブログさま

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« SOI大阪4/17昼公演 | トップページ | 生存報告と、PIW2010新横浜 初日一回目公演の感想 »

2010年5月 2日 (日)

由希奈ちゃん復帰!

諸般の事情があって、今回は見送るつもりだったPIW新横浜初日。状況が好転したこと、それから背中を押してくれた人のおかげで何とか行けることになり、行ってきました。 とりあえずひとことだけ。由希奈ちゃん、氷上復帰おめでとう!

« SOI大阪4/17昼公演 | トップページ | 生存報告と、PIW2010新横浜 初日一回目公演の感想 »

フィギュアスケート(生観戦)」カテゴリの記事

太田由希奈さん」カテゴリの記事

コメント

先日はお世話になりました。
フィナーレの後、フェンスの中で3才くらいの女の子がダイスケ〜と叫んでも見えなくて泣きそうになってるので柄にもなく、肩車してあげてしまったので身体中が痛くなりました。
似合わないことはするものではないと思いました。(笑)

由希奈さんはやはり昔からですが、手を動かすだけで絵になりますね。
彼女が怪我をしなければ歴史は変わったかも知れないと思うことがよくあります。

ではまたどこかのリンクでお会いしましょう。

>えっくすさん
こちらこそお世話になりました!会場でお会いできてよかったです。


>フィナーレの後、フェンスの中で3才くらいの女の子がダイスケ〜と叫んでも見えなくて泣きそうになってるので柄にもなく、肩車してあげてしまったので身体中が痛くなりました。
似合わないことはするものではないと思いました。(笑)


まあ!それは良い事をなさいましたね!その子は大ちゃんを見られてよい思い出になったことでしょう。(^^) 確か以前何かの試合のフィナーレか何かで、選手からキャッチした花束をお近くの席のお子さんにあげた?のもえっくすさんでしたよね。今回も含めて心温まるお話、えっくすさんのお人柄ですよね! しかし身体中の痛みは大丈夫ですか?f^_^;


>彼女が怪我をしなければ歴史は変わったかも知れないと思うことがよくあります。


えっくすさんのような昔からのスケートファンの方にそう言っていただけると、、由希奈ちゃんファンとしては最大の喜びを感じます。 新プログラムのピアノレッスンも、これからさらに深みやすごみを増しそうな気がします!

次はDOIでしょうか、またお会いしましたらよろしくお願いいたします〜

>確か以前何かの試合のフィナーレか何かで、選手からキャッチした花束をお近くの席のお子さんにあげた?のもえっくすさんでしたよね。

そんなこともありましたね。
2008年長野の全日本で代表発表後のランでクリスが投げた花束が、私の手にすっぽり入って、ちょうど隣にいらした三年生くらいの女の子にあげました。お母さんの方がうれしそうでしたが・・・
あの日は嬉しい日でしたから、そんな気になったと思いますよ。

でも、もし章枝さんが投げた(彼女は投げない人ですが)花束だったら、死んでも離さなかったと思います(^o^)

>えっくすさん

>でも、もし章枝さんが投げた(彼女は投げない人ですが)花束だったら、死んでも離さなかったと思います(^o^)


うふふ、そうですよねえ!o(^-^)o私ももしフィリップやグリ&プラや由希奈ちゃんやエレナ&アントンやドミトリエフや…(以下多すぎるので自粛f^_^;)が投げたお花なら絶対離しませんもの。(^^)
いやでも、そもそもお花束を投げてもらえる、すっぽりと飛び込んでくる幸運はなかなかないことですからうらやましいです!←ちなみに私は今まで一度もないです。サインボールもあまり縁のない…f^_^;COIなどでチャップリンにからまれたり、とかはよくあるのですが(苦笑) 全然関係ないですが、、餅投げの餅やお菓子まき(←名古屋特有?)を拾うのは得意だったりします。(^^)
昔はサインボール投げも楽しかったですよね。(今も名古屋フェスぐらいはやってますが。)


章枝ちゃんは、、コーチのこととかブロック大会のことなど心配はたくさんありますが、来シーズンどんなプログラムを見せてくれるのか楽しみです!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056356/34478686

この記事へのトラックバック一覧です: 由希奈ちゃん復帰!:

« SOI大阪4/17昼公演 | トップページ | 生存報告と、PIW2010新横浜 初日一回目公演の感想 »