2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

いつもお世話になっているブログさま

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 帰宅中 | トップページ | オーサー »

2012年4月24日 (火)

国別対抗戦2012 大会2日目の感想

国別対抗戦の感想を。

大会2日目4月20日(金)
<ペアSP>

6分練習の時から既に、ラリオノフのデススパイラルにすーーっと入る姿勢とスムーズな入り方そしてデススパイラル時の膝の使い方に惚れ惚れ。いや~、上手くなりましたね!その他の動きもスムーズで高いツイストやさっと上がるリフト、つなぎも柔らかくてスムーズで素敵でした。ちょっとトスカっぽくはないような気もしましたが美しかった。
ロシアの伝統的なペアの良さ、受け継いでくれてますね。やっぱり私はロシアの正統派ペアが好きなのだわ。演技スタイル、という意味ではターニャ&トランコフの組より好みかも。

ステファニアちゃん組のクリーンなスケートも観られて幸せ♪ ペアでもっとも重要なのはユニゾン、だからそういう意味ではこの組は良くないかもしれない、、でも彼らの叙情的な表現大好きです。
お隣さんがまだ来ていないので気兼ねなくロシア旗とイタリア旗ブンブン!
メーガン&エリック、ショートもフリーも素敵なので応援しているんですよぅぅ!フリー頑張れ、と念を送る(^^;)
成ちゃん&マービン、この2人とにかくユニゾンが良い。これは最大の武器ですし、危なげなく見せるリフトやリフトの時の成ちゃんの空中姿勢、つなぎの美しさ・・・挙げたらきりがありません。ペアらしいペアで本当に素敵なんですよね。あとはジャンプ、ですね。スロージャンプも大きなスロージャンプが観たいです。

<アイスダンス・フリーダンス>

リード組、、難度を落としていたし後半は本当に心配でしたがとにかく無事に滑り終えることができてよかったですよね。
怪我がはやくよくなって来季また力を発揮してくれるのを楽しみにしています。
やっぱりダンスファンとしましては自国のアイスダンスの組にも元気でいてもらいたい。

カツァラポフ、上手くなりましたね!N杯の時よりさらにグライドが出て深い素敵な滑りになったような。細かいミスはあったけれど全体的に良い滑りでよかった。振付は好きじゃないのだけど。潜在能力はすごいしもっとできるはず、カリスマ性もある組なのだから北米の上に行けるとしたらこの組なのかな、と思っているのですが、どうなっていくのかなあ。今季は迷走中(←「逃走中」じゃないよ^^;)に見えたけれど、今後ロシアはこの組をどうしたいの?  
カツァラポフを観るたびに思うこと→五輪とか大きな大会で何かやらかしそうな危なっかしい相が見えるんですが(・汗) あ、私占い師ではありません。ただの予感です、予感。ファンの人、ごめんなさい。ただ、「あとはメンタル、自国開催の重圧に耐えられるか」心配なだけです。良い意味でこの勘を裏切ってほしいと思っています。

カッペリーニ&ラノッテ、流れるようなラ・ストラーダ、、す、素敵だ!このプログラムを会場で観るのが楽しみで。リフトもツボだけどすーっと流れる叙情的な滑り、素敵でした!
まだお隣さんが来ないのでイタリア旗を気兼ねなく!!

ナタリー&ファビアン、このプログラムも楽しみだったのよ~ ミイラとファラオでも見目麗しく、ロロが手を加えたという後半の盛り上がってフィニッシュな所も素敵。彼らの良いところばかりを引き出していたプログラム。スタオベです!

テッサ&スコット、正直今季見ていてこのプログラムは好みではなかったんですけどね。。彼らの持つ雰囲気にとても似合っていて、会場で観ていて彼女らが滑ると会場がとーっても良い空気に包まれるんですよね。幸せになる、素敵な空気、良いもの見た、優しい気持ちにさせてくれる、それってすごいことだと思います。もちろん、足元もちゃんとすごいですよ。終盤のぐるぐる~な点稼ぎリフトも思ったよりは気にならなかったかな。個人的にNO.1でした、スタオベ!
しかし、、、終わってみれば今大会、直前のワールドチャンプが誰一人1位になれなかったのですよね。。わずか一ヶ月弱で違う結果になるという。カロとパトリックは共に日本人の下で2位でしたが彼らお疲れモードだったしねえ。
まあテッサたちもややお疲れだったように見えましたけど。「このイベント嫌い!」と言われてしまっても仕方ない気もしました。それぐらいの負けん気、気持ちがないとこの競技続けられないですよね。私がスコットの立場でも同じ事言うかもしれない。ただ、公の場で言ってしまったことは賛否あるでしょう。私は言いたいことを言ってしまう人、好きですよ! 
そういえば彼ら、日本で1位になったことないですよね。 日本には多くのファンがいるし「日本のファン」は嫌いになっていないと思います!

メリル&チャーリー、「こうもり」 あざやかというかキレキレというか、クリーンプログラムでした。これだけできたら、そりゃスタオベだし、1位になるでしょう。すごいクリーンでした。
しかし、、私の中で疑問が一つ。「なぜこんなに日本で人気がダントツでありますの?テッサ&スコットや他の組よりも段違いに会場の声援と投げ込みが多いのはなぜ??」
わかりやすい表現、スピード感、見た目派手な動きとリフト、ぐるぐる元祖高速ツイズル、ホッケーみたいなはやい動き、来日回数、人柄の良さ、、、あとは何? 他にもあったら誰か教えて下さい(苦笑!)

<男子FS>

この日は朝から会場にたどり着くまでいろいろあったので、ダンスまでで燃え尽きた感あり(汗)

ロシアの2人・・・・(-_-;) 体のどこかのねじを巻いたら突然見違えたように動き出したりしないでしょうかねえ。。。 ブッシュのほうは細かい音まで拾っているように見えたし、コフトンも何だか惜しい、、うん、惜しい。。。

コンテスティ、彼のプログラムはいつ観ても楽しくなりますね。ワールドで羽生くんのあの演技のすぐ後、空気を変えてコンテスティ劇場へ持っていった、、、ああいう息の詰まる試合でも会場を楽しい空気に変えて包んでくれる、独特なステキな魅力です。こういう選手がいてくれると本当にありがたい。

コヅカくん、元気がなかったですね。良い時の彼の滑りはこんなもんじゃないよ~と見ていてもどかしかった。

アダムの美しいルッツ。 フロー、ジャッジ前で踊るところは城田さんとその付近にアピールしていたのは確認しました(^^) 
まばたきしていたのと足元がちょうど死角になったのとで観づらかったのですがレイノルズ、クワドだったのですね。クワドばかりに注目が集まりがちですが、彼の繊細な動きは会場にはえます。

ジュベールが頑張ってくれて、結果もまあまあともなっていて嬉しいよ~

ジェレミー、、この曲はシニード&ジョンたちのときにも思ったけれど会場で観ると素敵とても素敵なんだけど、やや地味に見えてしまうかもな、と。でも、ジェレミーだからこそできる動き満載で。

パトちゃん、バンクーバー五輪前に続きまたもコーチチェンジが気の毒ですが、、、6分練習から3Aに苦労していたのでダブルに切り替えてきましたね。うーん、やや元気なかったお疲れモード。それでもスケーティングは目を見張るものが。会場で観るべきスケーティングですね。ずっと観ていると自分もあんなふうにエッジ倒して滑れるかもな、とか思ってしまう(^^;)いや、あり得ん、無理です。 
最初に見たジャパンオープンのときからシーズン最後の今回まで「アランフェス」の世界は正直私にはあまり伝わってこなかったです。来季はローリーではなくなる?ということなのでどういう作品になるのか。。。パッションのこもった滑りを見せてください。

大ちゃん、いやあ、すごかったですね!! やや安全運転でジャンプ重視なのかな、物凄いときのダイチャンはもっとすごいぞ、というのが個人的な感想ですが、それでもクリーンですごかった。会場の声援、もはや悲鳴、サクソン村日本支部顔負けの絶叫もすさまじかった(苦笑)前の方々も横の方々もそのうち気絶するんじゃないか、ってほどの叫び方(^^;)ひ、引きました(汗)
ジャンプがもうステップの一部のようで流れが全く途切れない、、怪我を乗り越えさらに進化を続けるとは!!素晴らしい。得点も素晴らしい!期待に応える演技をする、素晴らしいです。今季のうちにパトリックに勝てた、これは今後の男子として大きいと思います。
そして他国の応援席からも大歓声!こうゆうの良いですね!先生としてキスクラに座る本田くんも凛々しいぞ。
これは、ソチが楽しみになってきましたね。

« 帰宅中 | トップページ | オーサー »

フィギュアスケート(生観戦)」カテゴリの記事

コメント

メリル&チャーリーの人気・・・う~ん、メリルのアニメ声ですかね??笑
すみません適当な発言でhappy01sweat01
数年前までは会場の反応からして絶対テッサ達のほうが人気があったと思うんですよね。メリルたちは実績と人気が並行してモリモリ上がってきた感じですね。
私も実はダンスに関してはどっちかというと分かりやすい表現のほうが入りやすくて、メリルたちやナタリーたちの方が好みかもしれません(特に今期のプログラムは)。例えば4年くらい前のホフロワたちの山の魔王のフリー、大好きだったりします。ミーハーですみません^^;
カツァラポフ、やらかしますかね?笑 その予言、当たっちゃいそうで怖いです!でもロシア、確かにこの2人をもっと大切に育ててほしいなぁ。この2シーズンを見ているとイマイチ方針が見えない・・・宝の持ち腐れにならないことを願います!

大ちゃん、やや安全運転ではありましたよね。私はジャンプの着氷は多少乱れてもいいので表現の面で完全燃焼の時の大ちゃんが一番好きです。このブルース、表現に関してはシーズン序盤から比べて徐々にアッサリになっていったような。あえて曲の解釈としてそうしているんでしょうね。個人的には今回よりもうちょいこってりめが好みです(笑)あと、昔のジャンプを見るとやっぱり今はシャープになってますよね。ジャンプの種類にもよりますけど昔のフワッと感のほうがどっちかというと好きかも。でもセカンドの3回転が安定してつけられるようになっていることは素晴らしいですよね。
もちろんスタオベしたんですが周りの発狂ぶりはすごかったですよね。あれを見ると引くの、わかりますsweat01

ロシアの2人には大丈夫かと心配になり、同年代アラサーのコンテスティに癒され、アメリカの2人は悪くないけど中途半端だなと思いつつ、レイノルズにはジャンプ以外の成長に感心し、パトリックのアランフェスはふ~んと客観視し・・・という国別でした~
パトリックの演技で感動したいですね。そんな日はくるのでしょうか(毎度のことながら失礼すぎ^^;)。

>saekoさん

>メリルのアニメ声
確かにf^_^; 日本社会でウケるエンジェルボイスですね。
テッサ達とメリル達、日本でも以前は海外同様人気は同じぐらいでしたよね。なので今回の拍手スタオベ投げ込み等の違いには驚きました。
ちなみに私はどっち派かと言われたら、ダンサーとしての幅の広いテッサ&スコット押しです。チャーリー達のスポーティーでライトな演技、上手いしすごい事をやっているけれど古き良き時代のダンスとは掛け離れていて… もうちょっと粘っこさがほしいです。本当にダンスは変わったな、と思い続けて何年たつやらf^_^;
ピョンチャン頃にはダンスも変わってきているはずなのでそれを楽しみにしときます。

ホフロワたちのはげ山のフリー、でしょうか。仙台N杯のシーズンですよね。私も好きでした。ああいう独特な路線の組の存在はよかったですよね。ヤナの才能、、ほんともったいないです。
カツァラポフ、普通の試合は良いけれどここ大一番に弱い気がします(汗)イリニフのほうがメンタルは強そうですね。
でもロシア、アイスダンスに風が吹いていないのが寂しいです。

そうですね、完全燃焼のはじけた大ちゃんを観たいですね。
私はブルース苦手なので最後まで曲に入りこめなかったですが、ステップの一部のような軽い、失敗する気がしないジャンプを見て、ああこの領域まで来たな、と感慨深く見ていました。このままの状態でソチなら…とか先の事まで考えていたら、お隣や背後から奇声f^_^; 試合ごとに皆さん発狂ぶりが増していくようで(汗)

レイノルズが美しい路線になっていて私も驚きました。
パトリックはこの先茨のような気がして気の毒だな、と。
パッションは伝わって来ないですが、会場で観るとスケーティングがやっぱりすごくて見入る部分もありました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056356/45007425

この記事へのトラックバック一覧です: 国別対抗戦2012 大会2日目の感想:

« 帰宅中 | トップページ | オーサー »