2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

いつもお世話になっているブログさま

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月28日 (金)

きつあんうどん

きつあんうどん
今井にて。

2014年11月27日 (木)

NHK杯

グランプリシリーズも第6戦、まだまだかなと思っていたら意外とここまで早かったな、
という印象です(-_-;)

エントリー&リザルト(ISU)

で、結局羽生君は出るのね。。。やっぱりね。。。


テクニカルパネルは、ペアにマリウス、ダンスにシルビア(^^)





2014年11月 9日 (日)

羽生君のこと②

まともな、わかりやすい記事が出ていたので↓

羽生選手に「感動」するだけでよいのか? 誤ったスポーツ観が選手「生命」を奪う



私が聞いた話では、医師の中にも「脳振盪」の正しい知識のない人もいるのだとか。。。

私の主治医の先生は学生であれば体育は最低でも1ヶ月お休みさせる、と言っていました。
脳外の先生たち、歩くのがいつも異常にゆっくりなんですよ。
頭を揺らさないように、転ばないように。
それが答えな気がします。
頭は取り返しがつかないですから。


衝突という事故、そしてクレイジーな出場、、、
もう起きてしまったことは仕方ないとして、
大事なのは今後だと思います。。
あとは、昨日の転倒やジャンプ時の衝撃により、脳内の状況が悪くなっていないよう祈るばかりです。



羽生君のこと

そろそろダンスの事でも書こうと思っていた所に、
羽生君とハンヤンの件が(>_<)

棄権させてほしかった!
なぜ、オリンピックでもない、たかだかグランプリシリーズの一つの試合に命を懸けさせて出してしまったのか。。。
感動、とか、良く頑張った、とかそういうレベルでは全然ないです。
頭の怪我でないなら100歩譲って出てよかったかもしれない。
頭はだめだよ。。。

頭部外傷は直後は何ともない人でも、後々症状が出てくる事もある、と主治医の先生が言っていた。
↑頭を打ち8月のほとんどを病院で過ごすはめになった者として、
頭部外傷を身をもって体験したので。
まあ、私の場合は意識を失っていた時間も長く、頭を打った時の記憶も未だ喪失されたままだし、
痙攣も激しかったようだし、
他にも症状が沢山で重篤なほう、と言われたので、
今回の羽生君とは状況違いますが、
頭部外傷は1週間の安静が必要です。←by主治医
そして体育とか運動はもちろん禁止。
私は3カ月たった今でも頭痛薬をがっつり貰っていて踊る事も走る事も禁止なんですよ。

話を戻し、
急性硬膜下血腫とか慢性硬膜下血腫、セカンドインパクトシンドロームというのもある。
急性になると救命率も低いんだそう。
2度目に頭を打つのもいけないらしい。致死率が高いのだそうだ。
だから転んではいけないのだ。

2週間後にN杯、ファイナル、全日本、とどんどん続きますが、
検査で何ともなかったら出されちゃうのかなあ(>_<)
今後予測される症状→めまい、吐き気、頭痛、ふらつき、熱、、、
そんな状況の中、看板選手だから出す、とかなったら気の毒すぎます。
出しちゃだめだよ。。
アメリカのドクターが手当してくれている映像が出ていたけれど、
検査してしばらく入院して、安静に、お大事にさせてあげてほしいなと願います。




2014年11月 2日 (日)

鈴木明子スペシャルイベント

鈴木明子スペシャルイベント

「鈴木明子スペシャルイベント 夢へのトレースを描こう」に邦和のリンクに行ってきました。
邦和のリンク、何年ぶりだろう。。。

写真は入口に展示してあったあっこちゃんのオペラ座のお衣装。
近くで見ると特に美しい衣装でした!

エキシビジョンは、
愛の讃歌、ウエストサイドストーリー。
ジャンプが家出中でしたが、、良い笑顔で滑ってましたね(^ ^)
ウエストサイドストーリーのステップが素晴らしかった。

抽選会の賞品は、
あっこちゃんとのツーショット撮影権5名、あっこちゃんの私物のソチ五輪のウエアーやトートバッグ、あっこ本など。
私は、はずれ〜
というか、昔からこういうの当たったことがない^_^;

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »