2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

いつもお世話になっているブログさま

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 西日本終了 | トップページ | 全日本ジュニア放送 »

2015年11月 4日 (水)

西日本選手権 ペア

ペアの観戦記をば。

まずジュニアの3組が一緒に6分練習です。
<西日本ジュニア>
◆三浦璃来&市橋翔哉組 チャップリンメドレー♪
ツイストはシングル、ソロジャンプは3T-2T、リフト上がらず、スロー2Lo
59.32  総合90.33
とても可愛らしいペアです。続けていってほしいですね。


<東日本ジュニア>
◆関口佳乃&関口隼佑組 新世界♪
スローはダブルで、サルコウとループでした。デススパイラルの失敗とか、、
リフトも上にあがらない状態ですけど、頑張って継続してもらいたいです。
36.78  総合52.91


<ペア・ジュニア オープン参加>
◆古賀亜美&スペンサー・アキラ・ハウ組  Ryomaden♪
2ツイスト 3T スロー3S 2A転倒 スロー3Lo転倒
転倒はありましたが、イナバウワーの所とかとても素敵な流れの組でした!
メモに素敵、素敵!と書いてあります(^^)
古賀さんのポジションとか本当に美しいので、次の五輪に向けて今後も楽しみにしております。
コーチはカナダのリチャード氏なのね。
77.74  総合123.92


続いて選手権ペアへ。
リンクサイドで須崎さんが木原君の衣装の裾?を直してあげていたりしていました。とても仲良さげ。
4組がリンクイン。6分練習に日本ペアが4組もいてとても豪華です(^^)
男性は木原君以外外国人ですし見目麗しいペアばかり。
練習中から成美ちゃん&ザボエフのスピード感と美しいリフトなどが目を引いていました。

<西日本 ペア>
◆小野眞琳&ウェスリー・キリング組
とても物騒なお名前ですが(汗)。。。
とてもイケメンな方でリフトも上手でした。
手元メモによると、アクセルラッソーとキャリーリフトが美しい、
悠子ちゃんたちのような素敵なダンスリフト美しい、と書いてあります(^^)
スローは3S、3Loどちらもステップアウト
素敵なペア。
74.92  総合113.68


<東日本 ペア>
◆須崎海羽&木原龍一組(木下クラブ) STAR WARS♪
ダンジェン氏が帯同しています。
3T-2T 2ツイスト スローは2Sと2Lo 
リフトはまだ単純、スピンもペア的なユニゾンもまだまだですが、、
こちらも素敵なダンスリフトのシークエンスがありました。
あたりまえなんだけど木原君がリードしていて。。(^^)
74.03  総合114.11


◆須藤澄玲(神奈川FSC)&フランシス・ブドローオデ組 シェルブールの雨傘♪
2ツイスト 3S スローは3Sと3Lo
途中からボーカルの優雅で美しいプログラム。
リフトも美しいですし、2人の能力も高いので今後楽しみ。
まだ組んで1年目ですものね。
ペアらしいペアと思います!
先生はカナダのリチャード氏なのですね。
97.32  総合146.35


◆高橋成美(木下クラブ)&アレクサンドル・ザボエフ組 The fifth element♪
振付がニコライですかー、パンフのコピー見るまで気づかなかった!
↑良い意味でニコライ風味が強すぎず、良かった!という意味です(^^;)
3ツイストすごい! スロー3T イーグルから1S(男性は3S転倒)
2Aステップアウト スロー3Sステップアウト 最後リフト上がらずやめ

リンクサイドで滑り終えたペアの子達全員鑑賞していました。
演技中も、演技前も後もオフアイスでもザボエフがとても大人で成美ちゃんをしっかり守っているというか、ちゃんとしていて。
それは本当に良かったな、と思いました。
2人の個々の能力が高いのでユニゾンもよくなるかな、今後も楽しみにしております!
95.20  総合146.55
今日はちょっとほころび多しでしたが、逃げ切って優勝ですね!


表彰式も見てきましたが、終始木原君が楽しそう嬉しそう、というか。。


私としては国内大会でこんなにたくさんのペアを観られて眼福でした。



« 西日本終了 | トップページ | 全日本ジュニア放送 »

フィギュアスケート(生観戦)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056356/62363176

この記事へのトラックバック一覧です: 西日本選手権 ペア:

« 西日本終了 | トップページ | 全日本ジュニア放送 »