2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

いつもお世話になっているブログさま

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

2017年9月29日 (金)

ネーベルホルン杯ペアFS

ペア、かなりレベルが高いたたかい、でしたね。
テレビで生放送ってすごい。

枠取れた組はどの組もペア好きのツボにはまる、というか。
ユニゾン+確かな技術+表現でした。
オーストリア、オーストラリア、北朝鮮、イスラエル、チェコ。

すみれちゃん達、ここ大一番で1番良くない演技で力を出せず酷な結果となってしまいましたが、半端ないプレッシャーがすみれちゃんの小さな肩にかかっていたことと思います。
よく頑張りました。思いは伝わってきました。
彼らが1番なのだから、他の日本ペアではどう頑張っても彼ら以上の順位は取れないのだから、泣かないですみれちゃん。

ドイツの2番手のホッケ組のロミジュリ、アメリカのアシュリー・ケイン組のノリノリの華麗なるギャッツビー、良かったです。
中部ブロックの草太君ショックを少し吹き飛ばしてくれたかな。

タラソワ&モロゾフのエキシのようなキャンディマン。。。
あれが五輪イヤーのフリーで良いのだろうか(^_^;)

中部ブロックジュニア男子、選手権男子SP

中部ブロックジュニア男子、選手権男子SP
中部ブロックジュニア男子、選手権男子SP

中部ブロック初日

急に午後休めることになり、ノービスA女子曲がけ練習に間に合い、やはり目を引いたのは河辺さん、手嶋さん、吉田さん。
手嶋さんの黒鳥、素敵なプログラム(^^)手足が長くて美しい。

パンフは1200円。値上がった!

山本草太選手は1T、1A、1Sに元々していた感じでした(ToT)
フライングスピンでも脚辛そうで。
彼目当ての観客も応援も多くてそれにこたえようとする山本君…
何かもう、涙。そこまでファンというわけではないけれど、こみ上げてくるものがありました。
怪我、、、とてもかわいそうだなあ。もどかしいだろうなあ。
普通にやっていれば平昌の三枠目だったでしょうに。
最後のほうのイーグルの美しさは健在でした。

山本君の演技終わったら観客が減りました(ーー;)


ノービスA、中村俊介君、ノーミスクリーンな座頭市で87点出ました!
あの年齢であんなに踊れるのすごい!!

ここまでで今日は帰宅中です。

2017年9月28日 (木)

ネーベルホルン杯

ネーベルホルン杯のペアSPをライストで見ていました。
イギリス組(女性が37歳!)のコーチ、ん??見覚えのあるお顔・・・
マルクンツォフでした!
(昔、川口悠子ちゃんと組んでいた選手。後にディズニーオンアイスに行って、確か結婚してイギリスに住んでるんでしたね。奥様がイギリスの方でしたっけ?)
懐かしい~~~  2002年長野ワールドを思い出したわ。

本当に懐かしいお顔が皆、ジャッジや先生の側に行ってしまっているな、と今更思う(^^;)
現在の観戦はほんと、余生だな、と改めて(^^;)
あ、マリウスが韓国の組教えてた。


チェコの組、オーストラリア組、オーストリア組、、、素敵だと思う組は受かりそうですね。


2017年9月23日 (土)

あらまあ

羽生ファン、カナダで熱狂 売上好調の運営側の悩みは…


https://gamp.ameblo.jp/mkp2012/entry-12312908801.html


https://www.instagram.com/p/BZTu2RjFxCY/



うーん。。。
ここ最近こう言った話は試合のたびに再三出ていたと思いますが、、、今回特に酷いなあ。。
お願いだから海外まで行って恥ずかしいことはしないでほしい。

あんまりマイナスなことは書かないようにしていたけれどついでに書くと。
ファンタジー幕張と神戸でのこと。
昌磨、ベセディン達、あっこ、ミキティーなどの演技時に席を立ってお手洗い?に行く人がたくさんいて。(2,3人とかじゃなくてもっとたくさん。。。)
そういったことはこれまでなかったから、何事か?と唖然でしたわ。
何回か見てるから順番わかっててわざと行くのかしらねannoypunch
しかも照明あがってるのに大挙して大移動とかpunch
ありえない。
一人でも見逃すだなんて高いチケット代もったいない。
もちろん体調悪い時は仕方ないですけどそんな感じじゃなかったもんね。
今回のカナダに行ったのと同じ輩だったりして。



嫌な話はこれぐらいにして、
JrGP、愛知の荒木さんが2位!!shine
(名東で門奈先生の所です。)
せっかくファイナルを名古屋でやるのに(最初で最後かもしれないのに)名古屋娘が一人も出られないだなんて残念、、
と思っておりました。
ファイナル出られると良いなあ。
あ、荒木さんのフリーの善徳女王は昨季からの続行です。



2017年9月10日 (日)

玉砕

N杯一般抽選、土曜玉砕〜( ̄O ̄;)(>_<)
結構頭使ったけれど、結果に翻弄されるのがもう疲れ果ててほとほと嫌になったわ。
しかもここ数年何十万もの金額で転売っておかしすぎるわ。買う奴がいるからだめなんだわ。


気を取り直してU18の野球の生中継見つつ。
ピッチャーは連日頑張ってるのですよ。
キャッチャー、リード頑張れ。打線も頑張れ。

2017年9月 5日 (火)

名古屋の宿②

昨日書いた「名古屋の宿」で、
私だったら名古屋遠征で泊まるかな、という宿ですがキャッスルプラザを忘れていた!

他、友達や知り合いにも聞きましたおすすめのお宿を↓に書いておきます。
ファイナルに間に合うように書けばよかったんだろうけれど、、そして人それぞれ価値観は違うだろうけれど、スケートじゃなくても次にもし名古屋に来ることがあれば参考資料にでもなれば。

女一人駅近で食べ物に困らないお宿。
名駅:名鉄グランド、キャッスルプラザ、モンブラン
栄、矢場町:クレストン、東京第一ホテル錦


金山の治安が私的にはあんまり。。。だけれど候補に挙げる人がいたので。
グランコート、サイプレスガーデン。


「ここはバーが良いんだよ」とおすすめがあったのは東急。(^^;)


ヒルトンと観光は伏見で、風紀がよい所だし、ウェスティンは閑静なので言うまでもなくおすすめです。


ほか、昔、名駅前にあった都ホテル!と名前が挙がるが今はないものね(^^;)
同じく今はなきターミナルホテルとか良かったのにねえ。

東京第一は錦3だけど、良い所と思いますよ。昔イベントやったけれどいろいろ良かった。
クレストンはパルコ上で松坂屋の隣だから食べ物に恵まれているしね。
ああ、やっぱり私は栄ゾーンが好きだ。
ガイシからでも金山で地下鉄に乗り換えれば金山から6、7分だし。
宿のコスパは名駅より良いんじゃないかな。
名駅は駅ってことで強気ですね。でも、たかが駅されど駅。








2017年9月 4日 (月)

名古屋の宿

ファイナルのツアーのページを見てみたら、あれ?20いかないんですね。
チケット代高いししかもあのぐらいのグレード(名古屋ではおもてなし度最高クラス)のお宿ならば20超えるのかと思ってましたsweat01(料金の話です。)

N杯もGPFも中途半端でストレスたまりまくり、肩ゴリゴリ、、もはや金銭感覚もマヒ。。。?
中途半端に当たっているし、地元なのでそもそもツアーは行きませんが。

ツアーのどのお宿も名古屋の誇る最高クラスのお宿なので、さぞかし旅の疲れ観戦疲れが癒えて万全の体調で観戦コンプリート出来ることでしょう。
近ツリのほうなんか、お城も見えて閑静だし本当に良い宿ですよ。
鉄板焼きと和食食べに行ったことあるけれどあそこは食事がおいしいですね(^^)
昨年高校の同窓会がここであったのですが、かんぱーいの声で一斉にカーテンが開き名古屋城がじゃじゃーん!と登場する、名古屋らしいド派手な素晴らしい演出の宴会場でした。お料理もおいしかった。
その時ロビーで偶然にラミレス監督に遭遇したの思い出した(^^)あのチームの定宿だったのですね。
あ、ついでに関係ないけれど昔ヒルトンで阪神の矢野とかいた頃偶然選手バスに遭遇し眺めていたことあります。


JTBさんのお宿もどちらも素晴らしいですね。
観光は老舗の格式ある宿、東急はケーキがおいしいですね。

この3つに+ヒルトンで名古屋の誇る四天王じゃないでしょうか。自信をもって薦められる。
関係ないけれど、ヒルトンで謝恩会だったなあ。観光はお友達の結婚式で着付けしてもらった。

まりおっととかぐらんこーとも高級ホテルですが新顔って感じで私的には名古屋の四天王ホテルに入らないですね。

まあ普通に遠征で女一人で夜危なくなくてさくっと泊まるなら私なら名古屋のどこに泊まって会場に通うかって?
そうだなあ、、名鉄グランドとか。モンブラン? グランコートもガイシなら便利よね。
どの土地でもそうだろうが、この付近になるべく近寄らないほうがいい、って所もあります。

こうして書いていると、ファイナルは遠征がよかったなあと。
だって、家→現地観戦→家や、家→仕事場→現地観戦→家を繰り返すことになると、現実のはざまでの観戦になる。
金銭的にはありがたいけれど現実が抜けきらずに~~だとテンション上がりきらないのよね(^^;)どっぷり浸れないんですよね。


名古屋グルメのことも書こうかなーと思いつつも、いろんな意味で余裕がないので、
心はささくれ立つし、肩ゴリゴリだし、、、
ちょっとゆとりが出たら書くかも。









« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »